2018.12.12

DeXモードでのキーボード配列

SamsungのDeXモードをしっかり使い込むために、英語キーボードを買った。ThinkPadキーボードだと打ちやすいし、TrackPointがあれば、ポインティングデバイスにもなる。通常のAndroidにキーボードをつなぐと、デフォルトは英語キーボードになるので、キーボードも英語版にしたつもりだった。しかも、AndroidモードだとATOKも使える。やっぱり携帯用だとしてもATOK使いやすいなー。ハードウェアキーボードを使う価値もあるってもんだ。

しかし、DeXモードがいただけない点が二つある。ひとつはIMEがSamsungのものに固定されるということ。もう一つは、キーボード配列が日本語JISキー配列に固定されること。

前者は5千歩ゆずって仕方がないとあきらめたとしても、後者はなんだこれ。何のために英語キーボード買ったんだよ、俺。ここを日本語にして、それで固定して、誰にメリットがあるというのか。

なんとかならんかなーこれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.24

なんか書く

最近、アウトプットが減っている。

インプットについては、むしろ前より増えている可能性がある。でもアウトプットが極端に減っている。

以前は、ブログも書いていたし、仕事でもアウトプットが多かった。今は仕事は判断は多いけど、アウトプットは少ない。結果として、アウトプットの習慣が減っている。結果、自分の意見を客観的に見る機会も減り、自分の行動にダメ出しする人も減り・・・。

というわけで、このブログを見ている人がどの程度いるかは関係なく、ときどき駄文でも書いたほうがいいのかなと思ったりした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.25

人生の転機にはお伊勢さんへ

この先、仕事でどちら方面をのばしていくか、迷っていたときに三峯神社に行った。お導きいただくように願ったら、週明けの月曜日、かなり大きな出来事が仕事上であった。
月が明けたら、さらに大きな出来事として自分に降ってきた。とっても大変。三峯さん、おそるべし。その夜、GoogleNowで標題のブログ記事がおすすめされた。

その週末、大國魂神社に行く用事があったので、今どうすべきかのヒントが欲しくておみくじを引いた。結果は大吉。「いろいろ大丈夫だよ、でもまあ勉強せえよ」という内容だった。

先のおすすめされたブログのことが気にかかる。やっぱり伊勢にもいっとくかと、伊勢に行く安い方法を探したら、なんと往復新幹線使って1.6万円ほどで日帰り往復できるお得なチケットを見つけた。早速申し込んだ。

そして先週行ってきた。お伊勢さんの感想は詳しくは書かない。外宮より内宮に期待していったのだが、外宮は思いの外よかったが、内宮はとっても人が多くてぐったりした。

先のkisekireiさんのブログで、おみくじ引くなら猿田彦神社でとあったので、猿田彦神社にも行ってみた(神社としてはここはあたりだった)。おみくじを引くと、結果は中吉。「外はいろいろ大変だけどなかは穏やかだよ。でもまあ勉強せえよ」という内容だった。

良くも悪くも進む方向ははっきりした。今までの3倍ぐらい忙しいけど、まあ勉強するか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.18

LAMY ペンシル スクリブル パラジュームコート 3.15mmを買った

筆記具としては万年筆がずっと好きなのだが、何故か最近、使っている手帳との相性が悪い。インクフローが良くなったのか、手帳で裏写りがひどくなってしまったのがどうにもいただけない。手帳には細かい字を書くことが多いので、なにに変えようかと0.3mmの見栄えのいいシャーペンを探していたが、製図用が中心で、ピンとくるものがなかった。やっぱりいいなと思うのは、海外メーカーでは0.7mmが中心。なにか他に良いものはないものかと考えていたところ、たまたまzaimの広告で出てきたのがこちら。

Amazonのレビューを読んでみると、0.7mmよりこちらのほうが評判が良さそう。過去にファーバーカステルのパーフェクトペンシルも気に入って使っていたこともあり、削りながらなら柔軟に使えるかと考えて購入してみた。

使ってみたところ、芯は4Bらしく柔らかいが、思ったほど太くない。万年筆で筆圧が低くなったせいか。書いているうちに太くなってくるかな。しっかり力を入れて書くと、4Bらしくくっきりした線を引けるが、私の普通の使い方だとHBぐらいの太さになるので悪くない。

ころころした軸は持ちやすいが、やや太い。走り書きには良さそうだが、それならもう少し長いほうがいいかも。手帳にきっちり書くにはやや重い。自分の使い方があってないだけかもしれないので、もう少しいろいろ試しながら使ってみたい。クリップもじゃまにならず、とっても薄いので、手帳に指すにも便利。モレスキンの背中にささる幅なのもありがたい。

ものとしては気に入ったので、しばらく使ってみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.06.03

flickrのリンクテスト

flickrの写真をココログに載っけてみるテスト。

VGAサイズのリンクを貼ったら、画面サイズによっては全体が見えないこともあるか。
もう一個小さいので貼ってみる。


盛大にパープルフリンジが出ている例。遠景は絞ったほうがいいんだなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013.03.16

統計学テキスト

リンク: 統計学テキスト.

久しぶりに投稿してみる。
勉強するかどうかわからないけど、必要性を感じているものの一つが統計学。
無料でテキストが公開されているので、覚書としてリンク。
なんと、京女だ!地元なので親近感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.09

MacBookProの音が出なくなった

久しぶりの更新。

ある日、気づいたらMacBookPro(Mid2010)の音が出なくなった。
イヤフォンからは音が出るが、スピーカーからは出ない。
メニューバーのアイコンもグレーアウトしてボリュームがいじれないし
システム環境設定の「サウンド」で見ると、内蔵スピーカーが認識されてない様子。
でも、起動音の「ジャーン」は鳴る。
「そうだ!」と思ってAppleTVに転送しても、何故か音が出ない。
ハードは大丈夫だがソフトウェア的にダメなのかな。

googleさんに聞いてみたら教えてgooにあるよと教えてくれた。
PRAMクリアとか懐かしいなあと思ってやってみたけど治らない。

結局、イヤフォンさして、スリープさせて、イヤフォン抜いて、スリープから復帰したら治った。
こんなの、きっかけがわからないと気づかないよ。。。
何はともあれ、治ってよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.31

LifeProof ケース買いました

iPhoneを買って、まず最初に保護フィルムとケースを買った。フィルムもケースもいっぱい売ってた。フィルムは誰が貼っても気泡が入らないというノングレアのにした。ほんとに気泡が入らなかった。貼ってるのか貼ってないのかわからないくらいきれいに貼れた。素晴らしい。
ケースはiPodで気に入ったエアテックジャケットを探したけど、ヨドバシには売ってなかった。ほかは材質には差はあれど、機能的にはあまり違いがなさそうだったので、おもしろさで選んだ。

最初は電卓ケース。一見電卓。裏返すとiPhone。カメラホールにストラップをつけて気に入って使ってた。電卓がほんとに使えたらもっと良かったんだけど。


次に選んだのが、カメラ型ケース。「今日は写真とるぞ!」という日に使うことを想定して買った。これもぱっと見カメラ。ケースのシャッターボタンを押すと、ほんとにシャッター切れたらいいんだけど。

んで、最終的に本命になりそうなのが、LifeProof Case - Gen 2。防水性と耐衝撃性を備えながら、それほどごつくならないのがよいところ。胸ポケットに入れてて、かがんだ時にトイレにぽちゃっと落としても、洗えばオーケー。砂浜に落としても、ジャリジャリしたり本体が傷つくこともない。乾癬なので皮膚のカサカサが降り積もったりして、コネクタやイヤホンジャックの辺とか気になってたのだけど、フルカバードのケースなので心配ない。いやー、これは心理的に楽だわ。
いくつか欠点もある
・イヤホンジャックのフタをなくしそう
・タッチ感度がちょっと悪くなる
・ユニバーサルコネクタのフタがピッタリサイズなので、純正ケーブルぐらいしかささらない
いずれも私に取っては、メリットに比べれば些細なこと。AppleCareはいらなかったかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.22

Yoshimotoキューブ

立方体だったり、星みたいな形になったり、写真ではうまくイメージできなかったけど、この動画見たら欲しくなった!
リンク: YouTube - Yoshimoto Cube.

でも、その前に一度どこかで触ってみたいな。MoMA Storeで売ってるらしい。
http://www.momastore.jp/search/item250-003-KS.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.26

腕時計ガイガーカウンター

こんなのあるんだ。
日常的に計測する人にはよいかもしれない。
ネタとしてもあり。
でも高いなあ。もらえるならほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«企画書を作るのに便利なWEBサービスまとめ - NAVER まとめ