« 夫婦の会話で“離婚度”わかる | トップページ | iPod miniを試す »

2004.02.23

転生

Amazon.co.jp: 本: 転生

知人に借りて読んでみた。

心臓移植をしたら、心臓だけでなく、ドナーの趣味、思考、記憶も受けついてしまった人のお話。SF的でちょっととんでも本のようにも思えるが、なかなか良くできたヒューマンドラマ。ラストもすがすがしくて良い。結構分厚い本だったが、一気に読んでしまった。

貫井徳郎という人の本は初めて読んだが、これからはチェックしてみようっと。
でも「ゴッド・コミッティー」っていう名前はいかがなものかと(読んだ人にはわかる)。

|

« 夫婦の会話で“離婚度”わかる | トップページ | iPod miniを試す »

コメント

個人的には貫井徳郎は他のものの方がおもしろいと思う。

投稿: のり | 2004.02.23 19:12

次はどれを読もうかと考えています。おすすめがあれば教えてください。

投稿: AKIIRA | 2004.02.24 11:49

「慟哭」、「天使の屍」、「プリズム」あたりが好きです。
「転生」ののりが好きなら「修羅の終わり」とかもおもしろいかも。

投稿: のり | 2004.02.25 13:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546/226117

この記事へのトラックバック一覧です: 転生:

« 夫婦の会話で“離婚度”わかる | トップページ | iPod miniを試す »