« EURO2004 4強決定 | トップページ | 携帯電話早打ちコンテストでギネスを超える記録 »

2004.06.29

本:キャシャーン―ザ・ラスト・デイ・オン・アース

キャシャーン―ザ・ラスト・デイ・オン・アース
北条 匠

bk1
Amazon.co.jp
楽天ブックス

宇多田ヒカルの旦那が監督した映画のノベライズ。

後書きにも書いてあるが「人はなぜ戦うのか?」がテーマになっている。物語自体はすんなり読めるものの、おもしろくも何ともない。ただ、敵のボスがブライを名乗っていたりとか、お母さんがさらわれることとか、アニメの設定をうまく取り込んでいるところは興味深い。また、映画の配役がなかなか良さそうなので、実際に映像を思い浮かべながら読むとよいかもしれない。そういう意味では、ストーリーはともかく、「映画を見てみたい」と思わせる小説であり、ノベライズとしては成功かもしれない。

個人的にはフレンダーと白鳥もちゃんと説明つけて登場させて欲しかった。
#というかフレンダー出てこなければキャシャーンの魅力半減。

|

« EURO2004 4強決定 | トップページ | 携帯電話早打ちコンテストでギネスを超える記録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546/866129

この記事へのトラックバック一覧です: 本:キャシャーン―ザ・ラスト・デイ・オン・アース:

« EURO2004 4強決定 | トップページ | 携帯電話早打ちコンテストでギネスを超える記録 »