« フィーゴ、ポルトガル代表からの一時離脱を表明 | トップページ | フリープログラマ物語 »

2004.08.19

サッカー:日本 vs アルゼンチン

アルゼンチンは非常にまじめさが伝わってきた。日本はみんなからだが重そうだった。あまりみるところのない試合だったが、前から感じていることをいくつか。

加地
この人が代表レベルなのかどうか、未だにわからない。一点目はこの人が悪い。二点目もこの人に責任の一端はある。ちゃんと最後までボール追いかけてください。自分のボールは自分で処理してください。

サントス
何でこの人が代表に呼ばれるのか、未だにわからない。せっかくサイドに開いてるんだから、縦に突破してください。中に切れ込むと、スペースがなくなってせっかくの再度攻撃が死にます。それに中に切れ込むとき、必ずいったん止まるのはやめてください。そりゃ藤田も天を仰ぎます。逆サイドでプレーが進行しているときは、サントスが中に絞るので、サイドチェンジもできません。縦に突破したときとアーリークロスをあげたときはチャンスになることも多いんだけどね。

個人的には広山と三浦淳宏を代表でみてみたいんだけどなあ。

|

« フィーゴ、ポルトガル代表からの一時離脱を表明 | トップページ | フリープログラマ物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546/1230544

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー:日本 vs アルゼンチン:

« フィーゴ、ポルトガル代表からの一時離脱を表明 | トップページ | フリープログラマ物語 »