« 京都検定 | トップページ | GOOD DESIGN AWARD »

2004.11.12

iBookロジックボードリペアエクステンションプログラム

iBookロジックボードリペアエクステンションプログラム

私のiBookのシリアルナンバーを確認すると、この対象機種にしっかり入っていた。でも壊れなければいいなと思っただけで、このプログラムの存在を忘れていた。

ある日、普通に使ってたら、突然画面の同期が乱れたようになり、フリーズした。

リセットもきかなかったので、バッテリ抜いて起動したら立ち上がった。しかし、Firefoxを起動しようとするとやっぱりフリーズ。Firefoxがおかしいんだと思って再起動後Mailを立ち上げようとしたがDockにカーソルあわせたらフリーズ。そうこうするうちに、画面が真っ暗になって何も映らなくなった。

電源ボタンを押して、enterを押すとシステム終了するので、一応内部は正しく動いているようである。あーあ、こんな時にtelnetdでも動いてれば外からいろいろ確認できるのになあと思ったが、画面が見えないのでtelnetdも起動できない。

アップルのサポートに電話すると、預かり修理になるとのこと。はいはいとうなずきながら、機器構成の説明をしていたら、

 増設メモリとAirMacカードはお客様で取り外してお送りください

っておい!それぐらいやってくれよ。むき出しのメモリどこにしまえと?
また、

 ハードディスクの内容が消えることに同意していただけますね?

っておい!!!!!

「は?」と聞き直したら、「ハードディスクの初期化が前提となります」といわれた。こんなのみんな同意してるのか?「消えない場合もあるんでしょ?」ときいたら、「ええ、あるにはありますが・・・」と、やっぱり消えるのが前提といった印象。バックアップの準備もしてなかったので、即日集荷のつもりだったが3日後にしてもらった。

でもよく考えたら、画面映らないし、ほかにMacないし、telnetも使えないのでバックアップの取りようがない(^^;
結局三日後、仕方なくそのまま集荷してもらった。

で、びびったのはここから。

途中経過がメールでくるようになってたんだけど、翌日朝に、リペアセンターに到着し、その日の夜には発送しましたというメール。翌々日朝には手元に戻ってきたので、まるまる三日ぐらいか。ばかっ早!

電話の対応には疑問点が多かったけど、途中経過がメールでくること、修理期間が非常に短かったことで、結果的には満足度が高かった。あ、そうそう、ハードディスクの内容もそのままだった。あんなに脅さなくてもねえ。

まあ、いくらサポート対応がよくても、故障がないのが一番いいんだけどね。

|

« 京都検定 | トップページ | GOOD DESIGN AWARD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546/1942914

この記事へのトラックバック一覧です: iBookロジックボードリペアエクステンションプログラム:

« 京都検定 | トップページ | GOOD DESIGN AWARD »