« toto苦境 | トップページ | ATOK新版,入力ミスの訂正履歴を学習 »

2004.12.07

IBMがPC事業の売却を検討か

スラッシュドット ジャパン | IBMがPC事業の売却を検討か

昔のThinkPadはあこがれだった。

701Cのバタフライキーボード、縁の少ない液晶ディスプレイは、当時、かなり衝撃的だった。560の大判薄型でしっかりしたキーボードも非常に好評だった。ノートなのにデスクトップ並みのキーボードを搭載する、キーボードにこだわりのあるメーカーという印象が強くなった。

ThinkPad220もよかった。乾電池で動くパソコンとして、今でも使えなくはない。220の半分がコンセプトのPalmTop110(通称ウルトラマンPC)も遊び心あふれるが、十分実用になる名品だった。チャンドラも汎用バッテリを使えたり、PCカードスロットが3つあったり、一部で伝説となったPCだった。ライオスと開発したこれらのマシンは、非常にモバイルに向いていた。

評判が悪くなったのはThinkPad240の頃かな。液晶が真っ白になったり、キーボードがそれほどよくなくなってたり。ThinkPadといえば質実剛健&キーボードがよいとは必ずしもいえなくなっていた。

結局、私の中ではLinuxを載せたいなら間違いがないノートPCという位置づけになってしまった。Windowsで使うなら、重いし高いし、それほど優位性が見いだせない。ThinkPadブランドには未だに魅力があるものの、買おうとは思わないし、人にも勧めにくいのは確か。やっぱり撤退は必然なのかなあ。

結局ThinkPad220が私が手にした最初で最後のThinkPadになってしまったなあ。

|

« toto苦境 | トップページ | ATOK新版,入力ミスの訂正履歴を学習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546/2183984

この記事へのトラックバック一覧です: IBMがPC事業の売却を検討か:

« toto苦境 | トップページ | ATOK新版,入力ミスの訂正履歴を学習 »